入谷朝顔まつり

毎年7月6日7日8日に開催される谷朝顔まつり。
私も今年、初参戦してきました!




場所は入谷駅上、鶯谷駅からもすぐの言問通り沿いです。
鬼子母神を中心に、1ブロック分の歩道にぎっしりと朝顔市が並んでいます。
51848E20-BE76-4510-81AE-1C62D9E64B8C.jpg
私が行ったのは最終日土曜日の朝8時ごろ。
朝だからあまり混んでないかな~と思っていましたが、甘い!
もうこの込み具合です。
考えてみれば朝顔市、一番元気な時間に買いに来るお客さんがきっと多いんですね。
もう8時では、しおれているお花が多かったです。

料金は4本立ての朝顔で、ほぼ2000円均一。
たくさんお店が並んでいるので、どこで買うか悩みます。
お店の人達もチャキチャキ、元気に話しかけてくれるので楽しい!
声をかけてくれたお店の人に、「団十郎という朝顔が人気なんですか」と聞いてみると(あちこちのお店に「団十郎」という海老茶色の渋色朝顔をアピールする札が下がっていたのです)、
「今年の人気色だよ!まあ、これ30年ぐらい前から毎年言ってるけどね!」と裏話を簡単に教えてくれました。
どんな色がいいか、白い絞りの模様が入っているのがいいかなど、夫と話し合いつつ、人の流れに任せてゆっくり歩きます。
ここでふと、「ここの朝顔元気そうだね」と気になるお店が夫と一致。
そのお店のお兄さんに「水色と赤系の朝顔が入った元気な朝顔ください!」とリクエスト。
「この時間だと、水色欲しい人が多いんだよね」とお兄さん。
なぜ、と聞いてみると、水色は朝早くきれいに色が出て、だんだん赤みがかってくるんだそうです。
奥深し、朝顔の世界。

ということで、お兄さんのお墨付きの鉢を手に入れました。
DBE30CD4-D835-45A6-8BD0-63E9F02C344B.jpg
水色、赤、ピンク。もう一つは今日は咲いていなかったので、なにが咲くかは明日以降のお楽しみ。

ADCF6501-72BF-4BB0-8A98-B41CC672F7E3.jpg
お店の写真撮らせてもらっていいですか、と聞くと、快くオッケーしてくれたお兄さん。
「この43番も入れといて!」とリクエストを受けました。
このお店の場所は、毎年同じなんだそうです。
今年で70回という朝顔市、伝統が継承されているんですね。

最後に鬼子母神にお参りをして帰ってきました。
2214B958-0314-43F2-8A2A-6A244A170170.jpg
朝顔祭りの時期限定のお守りもかわいい。
カンカンと火打石を打って渡してくれます。

では最後に、いろいろなお店の人に聞いた朝顔を元気に育てるコツをまとめてみましょう
・朝顔の葉がしょんぼりしてきたら、下からジャージャーあふれるくらいの水をやる。葉がしょんぼりしているかチェックできない日は、朝たっぷりの水を。
・花はしぼんだら、残さず根元から摘む。残していると種を作ってしまい、そちらに養分をとられるそうです。種が欲しい場合は、8月末から花を残すようにする。
・大きい葉っぱも摘んでしまってOK。特に明日咲きそうな花のつぼみのまわりは摘むと、花がきれいに開く。
・日差しはたっぷり、ただし西日は避けて。

早速帰ってしぼんだ花や大きな葉っぱを摘みましたが、その間にもたくさんつぼみを見つけました。
どんなはなが咲くか、明日から朝の楽しみとなりそうです。

ランキング参加中!
↓よろしければクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村




この記事へのコメント